別府の路地裏から始まった

昭和28年、大分県別府市の路地裏に「グリルみつば」は創業しました。
当時の日本では馴染みのなかった洋食を、元町の皆様に広めたいという想いから、自家製のパン粉
やデミグラスソースを使った"大衆洋食"をテーマにしました。
オープンキッチンスタイルの店内で味わうとんかつやステーキ、ハンバーグなどの洋食は、
その新しさと美味しさでお子様からお年寄りまでの多くの方に愛される味となりました。
その当時から変わらない味を、今日まで作り続けています。
60年以上にわたって別府で守り続けた昔ながらの優しい洋食を、ぜひご賞味ください。

自家製デミソース

デミソース

上質な脂の旨みが詰まった豊後牛のすじ肉と、セロリ・にんじん・玉ねぎなどの香味野菜をじっくり
10日間煮込んで作る、自家製のデミグラスソース。
和牛の深いコクと野菜の風味が溶け合った優しい味わいが、とんかつやハンバーグの香ばしさを引き立
てます。

牛スジ

玉ねぎ

セロリ

人参

自家製パン粉

グリルみつばの味の決め手ともなっている自家製パン粉は、創業以来
ずっと信頼をおいている老舗の友永パンの食パンから作っています。
小麦の香ばしさとキメの細かい食感が、長年愛される味を支えてきて
くれました。
一斤まるごと仕入れる食パンを乾燥させ、それをお店の粉砕機で粗目
のパン粉に仕上げます。
この粗目のパン粉がフライのサクサク食感の理由です。

食パン

とんかつ

エビフライ

一口カツ

最上部へ